メイン画像

ITのこれからは未来を見据えて

身の回りにある家電製品やパソコンなどといったものは、未来を見据えて次の段階へステップアップしていきます。

例えば、炊飯器などは、自分でお釜にお米を入れて水を入れて炊き上げるというのが、今までの方式でしたが、未来ではITの力を使ってすべてが全自動化することも考えられます。ご飯が食べたくなったら、炊飯ボタンを押すだけでお米が自動でセットされ、水が注水されて炊きあがるなどという形です。
現在、開発が進められている炊飯器には、最先端のIT技術が搭載されて、スマートフォンのアプリから炊飯予約をすれば、指定した時刻に炊きあがるなど、食べたいときにいつでも食べることができるという機能が搭載されています。さらに、その炊飯器には、動画共有サイトを閲覧できるようになっていたり、SNSへ自動投稿ができるようになっているなど、最先端のIT技術を駆使して作られた未来の炊飯器が完成に近づいています。

3キャリアともしっかりチェック

この他にも、エアコンをスマートフォンのアプリで遠隔操作して、寒い日などは帰宅した時に、部屋が暖まっているようにすることができるなど、日々進化しています。今でも、最先端のIT技術を駆使した製品が開発・販売されていますが、これから先はもっと進化していきます。

何もかもがITの技術を応用したものになっていき、税金の納税やSNSサイト、学校の授業などが、すべてネットを経由して行われるようになる時代が到来するとされています。すでに、一部のサービスは実施されていますが、セキュリティ面の観点からまだまだ本格的な実装はされていません。学校の授業もすべてネットを介して行われるようになれば、自分の好きな時間に授業を受けることができるようになり、より専門的な勉強もできるようになります。

内緒で副業したい方やトラブルで新規契約が難しい方も

これら以外にも、今までは、「スマートフォンのGPS機能を使って、現在地を取得し、マップから行き先を選んで案内してもらう」非常に面倒な手順でしか道案内ができなかったのですが、普段かけているメガネにマップ情報とGPS機能を取り付けて行きたいところを声に出して言えば、行き先を自動的に案内してくれるようにもなります。
現在、この機能は一部の企業が販売に向けて開発中ですが、未だに安全性の観点から実用化されていません。歩きながらスマートフォンをいじるよりもずっと安全性は高いのですが、まだまだ解消されていない部分が多いのも現状です。

長期レンタルプランなら格安料金!

これから10年、20年先、ITは今より進化して行きます。未来ではほとんどのことがIT技術を応用している暮らしになっていると予測されています。

新着一覧

Copyright(c) 2015 ITのこれからは未来を見据えて All Rights Reserved.