メイン画像

技術の面では進歩は測れない速度

家電製品は従来の性能を踏襲しつつ、どんどん新しい機能を付け加えたり、軽量化、コンパクト化が進んでいます。高性能化も進んでおり、家庭で使う分には使い切れないほどの機能が含まれているものも多数あり、非常に充実したラインナップとなっています。 こういった家電の技術の進歩は、他社との競合もあって測れないほどの速度で進んでいます。企画が立ち上がると、あらゆる可能性をシミュレーションするためにコンピューターを使用しますので、ある程度の形にするまでのスピードは非常に速いです。また、世界的にも信頼性の高い日本の工業技術は今なお進歩しており、お互いに他者の作業をチェックしたり、機械に任せられるところは任せるなどの工夫をして、短時間で高性能な商品を組み立てていきます。これらの製品を作り出すための精密な部品や中枢部分に関しては、高い技術力を誇る中小企業が支えていますので、耐久性、安全性、機能面などいずれをとっても非常に高い水準を維持しています。 このような製品の製造における技術の進歩は、コンピューターによる計算や機械を導入することでさらにスピードアップしていますが、今後は企画自体を先を見据えて作り続ける必要があります。技術の模倣はある程度簡単に行えますが、まねできないような性能を追求することで、他社の追随を許さないということもありますし、アイデアが時間勝負になっていることも一つの理由です。従来の機能を追求する方向で製品のバージョンアップを図っているところもあれば、多機能の機種を製造することに意欲を持っているところもあります。そのため、全体的な技術の向上は認められますが、結果的にどういった方向性が消費者に認められるかというのは、企画力や商品の魅力によってきまります。開発部にとっては非常にプレッシャーがかかりますが、その一方で、技術部門でも新しい試みに挑戦することが多いため、今後も一層の企業努力が望まれます。

研究と開発が繰りかえされる

現代は、さまざまな分野で日々進歩を繰り返しています。これには、研究と開発の積み重ねが欠かせません。 研究とは、特定分野を・・・It continues

Copyright(c) 2015 ITのこれからは未来を見据えて All Rights Reserved.