メイン画像

使いこなす「人」にも

目を見張るような速度で進化を続けているITですが、ITの進化は世の中に沢山の利便性をもたらしてくれたのは言うまでもありません。様々な方面で恩恵を受ける事ができますし、お陰で暮らし易い世の中になっている面もあります。 しかしながら、ITの進化が進む速度が早くても使う人も同じように進化していく訳ではありません。例えばコンピューターが苦手という世代もありますが、そのような世代からすれば現在のITの進化に追い付くのは簡単ではありませんし、それゆえに使いこなせない道具もあるのです。 どんなに利便性の高い道具だろうと使う側が不便を感じるようでは意味がありません。だからといって使う人を選ぶようではせっかくのITの進化の功績も小さなものになってしまいます。やはり使う側が便利と思える事が大切ですので、その為にもどんな方でも使えるような製品作りが大切になってきます。 もちろん使う側の努力も欠かせません。例えばパソコンやスマートフォンの操作が苦手という方は少なくないようですが、苦手だからと敬遠してしまうといつまで経っても慣れる事ができません。特に仕事などに必要という方からすれば操作方法を覚えるのは非常に重要とも言えます。使いこなす事によって違った世界が開けてくる事もありますし、日常をより豊かなものにしてくれる事もありますので、挑戦してみる心を持つ事が大切と言えます。 技術を使いこなす為には単純に操作方法を覚えれば良い訳ではなく、他にも大切な事があります。それはマナーやモラルを持って利用する事です。例えば近年はスマートフォンの需要が高まっています。非常に便利な存在として重宝されていますが、しかしながら使い方を間違ってしまうと危険な存在になってしまう事もあるのです。一例として他人の情報を悪用したり、個人情報を流すなど、このような使い方をしてしまうと犯罪の加害者になる可能性もあります。便利な反面、使い方次第では不幸を招いてしまいますので、安全に使うという意識も併せて成長させていかなければいけません。

犯罪リスクの増加も

ITは目覚ましい速度で発展しています。それによって様々な恩恵を受ける事ができますが、その一方で犯罪の・・・It continues

Copyright(c) 2015 ITのこれからは未来を見据えて All Rights Reserved.