メイン画像

夢物語の映画の世界が現実世界へ

今も昔も映画は人の心を引き付けます。夢物語へいざなってくれるからかも知れません。 そんな映画の世界が、IT技術の進歩により、現実世界と非現実世界の境目がわからないほど、映像技術の中に科学の力が取り入れられています。 その技術の代表格は、「3D」ではないでしょうか。この技術は、観察者から立体的に見える映像技術のことであり、映画と同じ空間に存在するかのように知覚させるような、昨今の3Dは、一昔前では考えられないほど進歩しています。 さらには、「4D」といった、風・水・匂い・フラッシュ・シャボン玉など各種演出も体感できたり、座席効果として、座席がそのシーンに合わせて前後・上下・左右に反応し、高度な動きを可能とする「モーション席」と言われる技術も新登場しています。 また、これとは別にコンピュータグラフィックス技術も大きく発達し、あたかもアニメの世界が現実のように、また、現実世界にアニメのキャラクターが存在しているように錯覚を起こさせます。 まさに夢物語であると言えるのではないでしょうか。 その技術は、映像の世界にとどまらず、プロジェクションマッピングや、テーマパークの特撮映像、さらには、ゲームなどにも応用され、生活に浸透しており、私たちを楽しませてくれます。 現実世界の私たちは、日々苦悩やストレスを抱えて生きています。その中で、一服の清涼剤を必要とするならば、夢物語はその一つなのかも知れません。しかし、夢物語は、ひとときの夢ではなくなり、現実と見間違うほどの技術を駆使することによって、いつでも体感できるものになりつつあります。 時には、現実から逃避したくなることもあります。そんな心を立ち直らせるためにも、ぜひ上手に活用して、生き生きとした輝かしい日々が送れるよう、ひとりひとりが映画の主人公になったつもりで、楽しみたいものです。 夢物語が、いつでも何度でも訪れるすばらしい時代がやってきました。ヒーロー、ヒロインへ変身してみましょう。

未来は明るいだけではない

これからは少子高齢化がさらに進行する時代となるため、家電業界の未来も明るくない状況となっています。近い未来になれば、機械を・・・It continues

Copyright(c) 2015 ITのこれからは未来を見据えて All Rights Reserved.