メイン画像

未来は明るいだけではない

これからは少子高齢化がさらに進行する時代となるため、家電業界の未来も明るくない状況となっています。近い未来になれば、機械を生産する作業者や設計する技術者などの人材が不足する可能性が高まります。市場が縮小してしまえば、画期的な製品を生み出すための原動力もなくなっていまいます。それでも、少子化に合わせて生き残っていくしかないのが現状です。これからの時代は、ターゲットを絞って値段が高めでも魅力ある製品を生み出していくことが求められます。 少子化で未来が明るくないのは、他の業界も同じです。機械化の時代は、まだ歴史が浅いものですから、先がどうなるかを見通すことが困難です。100年先にどのような家電製品が人気となっているかは、現代の人にとっては想像することも難しいと言えます。それでも、現代の人が技術を残しておかなければ未来は暗澹たるものとなります。現在の不安な状況を打破するためには、機械技術に興味を持つ人材を育成することが大切です。

Copyright(c) 2015 ITのこれからは未来を見据えて All Rights Reserved.